鶏手羽の醤油煮 温活レシピ

「きょうの料理」(NHK)でおなじみの料理研究家パン・ウェイ先生の薬膳、生姜、旬など温活要素を取り入れた季節の温活レシピです。

パン・ウェイ先生の温活レシピ 食べるもので体を温めれば、手軽に楽しく健康に、自分にも、家族にも。人気の料理研究家、パン・ウェイのココロもカラダも温まる美味しいごはんレシピ

vol.50 鶏手羽の醤油煮

こっくりとした味わいが後を引くおいしさ!油を多めで煮込むので短い時間でしっかりと火が入ります。

調理時間20分

鶏手羽の醤油煮

材料(2人分)

鶏の手羽元 6本
生姜(スライス) 5g
人参 1本
煮汁:  
紹興酒 1/2カップ
黒砂糖 大さじ3
白砂糖 大さじ1・1/2
胡麻油 大さじ4
醤油 大さじ6
辣油 小さじ1・1/2
香菜 1株
クレソン 1束

・赤字の食材は薬膳で体を温めるとされている食材です。

作り方

  1. 人参をよく洗い、皮付きのままスライサーで縦にスライスする。
  2. フライパンで手羽元を焼き、両面に色がつけば取り出す。
  3. 2のフライパンに人参を入れ、柔らかくなるまでしっかり炒める。
  4. 鍋に2の手羽元と煮汁、生姜を入れて蓋を閉め、約10分間煮る。手羽元を裏返し、更に約10分間煮てから蓋を取り、とろみが少し出るまで強火で煮る。
  5. 器に4と3の人参を盛り、手でちぎった香菜とクレソンをそえる。
ワンポイントアドバイス
  • 人参は油を加えず、鶏手羽元を焼いた油でじっくりと炒めましょう。鶏の旨みを含み甘みが増します。色鮮やかに、やわらかくなっていればOKです。
  • 煮汁の油は多く感じますが、口当たりさっぱり仕上がります。また、煮詰まり過ぎるのを防ぎます。
  • 温活コメント

    手羽はたんぱく質を含む食材ですので、梅雨時期など体力がない時期にぜひ食べていただきたい食材です。ボリュームUPしたいときは、ごぼうやれんこんをプラスしても。煮込むときに一緒に加えてください。

  • 手羽元のおいしさはもちろんですが、人参の甘さに感動です!人参1本をぺろりと食べてしまえる美味しさです。油が少し多いように感じましたが、味はさっぱりとしていてとても美味しい!ごはんがすすみます。

パン・ウェイ先生のプロフィール

料理研究家。中国・北京生まれ。季節と身体をテーマに四季に沿った食生活を提唱し、現在は東京・代々木スタジオにて料理教室を主宰。「きょうの料理」(NHK)等のテレビ出演や著作活動、講演会の他、企業向けのレシピ開発やコンサルタントでも活躍中。

「冷えとり日和365」で販売中の「蒸ししょうがパウダー」を使ったレシピをご紹介しています!

「蒸ししょうがパウダー」って?

辛み成分たっぷりと話題の蒸ししょうがを、手軽に摂取できるパウダー。原材料は100%国産、徳之島産の黄しょうがを使用。黄しょうがは、よく目にする白しょうがよりも辛み成分が多く含まれ、豊かな香りと味わいが特長です。さらに、しょうがを蒸してから乾燥させることで、温活に適した辛み成分ショウガオールの含有量がアップ!一般的なしょうがパウダーとはひと味違います。


  • マンスリークラブで購入する
  • ベルメゾンネットで購入する