帆立とセリのピリ辛炒め 温活レシピ

「きょうの料理」(NHK)でおなじみの料理研究家パン・ウェイ先生の薬膳、生姜、旬など温活要素を取り入れた季節の温活レシピです。

ぽかぽか パン・ウェイ先生の温活レシピ 2018年2月

「冷えとり日和365」で販売中の「蒸ししょうがパウダー」を使ったレシピをご紹介しています!

【 2018.2.1 】

vol.36帆立とセリのピリ辛炒め調理時間30分

薬味たっぷりのがつんとおいしい海鮮メニュー。温活素材をふんだんにつかった味わい豊かな炒め物です。

  • 帆立とセリのピリ辛炒め

  • 材料(2人分)

    帆立(刺身用) 6個
    下味
    紹興酒 小さじ1
    鶏がらスープの素 小さじ1/4
    揚げもの用
    1個
    片栗粉、揚げ油 各適量
    万能葱(長さ3cmに切る) 約3本
    セリ又は三つ葉(長さ3cm切る) 約3本
    生姜(微塵切り) 小さじ1/2
    ニンニク(微塵切り) 小さじ1
    黒胡椒 小さじ1/4
    合わせ調味料
    紹興酒 大さじ1/2
    醤油 小さじ1/2
    黒砂糖 小さじ1/3
    米酢 小さじ1/2
    鶏がらスープの素 小さじ1/2
    ラー油 少々
    蒸ししょうがのはいった
    「香川本鷹」唐辛子パウダー
    少々
    白胡麻油 大さじ1
    • 赤字の食材は薬膳で身体を温めるとされている食材です。
  • パン・ウェイ先生の温活コメント

    薬味に加えて、ラー油や胡椒、蒸ししょうがと温活素材をふんだんにつかったメニューです。合わせ調味料に使われている食材、黒胡椒、ラー油、唐辛子は辛味成分で食欲を増進させてくれます。寒い時期におすすめのメニューです。

作り方

  1. 1帆立は流水で洗い、水気をよく取る。縦に半分に切り、下味の調味料とよく混ぜる。
  2. 21に卵、片栗粉の順に衣をつけ、約180℃の油でさっと揚げる。
  3. 3白胡麻油で生姜とニンニク、万能葱を炒める。香りが立ったら黒胡椒を加えて少々炒め、2の帆立、セリ、合わせ調味料を加えて手早く炒める。
  4. 4蒸ししょうがのはいった「香川本鷹」唐辛子パウダーとラー油を振り、器に盛る。

ワンポイントアドバイス

  • 帆立は刺身用の新鮮なものを使いましょう。
  • 蒸ししょうがのはいった「香川本鷹」唐辛子パウダーは、市販の一味でも代用できます。辛さはお好みで調節してください。
  • パン・ウェイ先生プロフィール

    料理研究家。中国・北京生まれ。季節と身体をテーマに四季に沿った食生活を提唱し、現在は東京・代々木スタジオにて料理教室を主宰。「きょうの料理」(NHK)等のテレビ出演や著作活動、講演会の他、企業向けのレシピ開発やコンサルタントでも活躍中。

  • “作ってみました!”〜温活メンバーの試食コメント〜

    一度揚げてから炒めているので香ばしく、食感はふんわり!
    しっかりとした味付けで、ついつい食べ過ぎてしまう美味しさです。

「蒸ししょうがパウダー」って?

辛み成分たっぷりと話題の蒸ししょうがを、手軽に摂取できるパウダー。原材料は100%国産、徳之島産の黄しょうがを使用。黄しょうがは、よく目にする白しょうがよりも辛み成分が多く含まれ、豊かな香りと味わいが特長です。さらに、しょうがを蒸してから乾燥させることで、温活に適した辛み成分ショウガオールの含有量がアップ!一般的なしょうがパウダーとはひと味違います。

こちらから購入!