温活レシピ

「きょうの料理」(NHK)でおなじみの料理研究家パン・ウェイ先生の薬膳、生姜、旬など温活要素を取り入れた季節の温活レシピです。

ぽかぽか パン・ウェイ先生の温活レシピ 2016年4月

「冷えとり日和365」で販売中の「蒸ししょうがパウダー」を使ったレシピをご紹介しています!

【 2016.4.28 】

vol.25 生姜風味の揚げ肉団子調理時間20分

豚肉の豊かな食感と、合わせ調味料に使われている胡麻油の香りが食欲をそそる肉団子です。手軽にできるのでメインで困った日にも!

  • 生姜風味の揚げ肉団子

  • 材料(2人分)

    豚ひき肉 130g
    豚バラブロック 30g
    くわい(缶詰め)(又はレンコン) 6個(45g)
    干し椎茸(水に戻す) 1枚
    調味料  
    紹興酒 大さじ1/2
    蒸ししょうがパウダー 5摘まみ(0.25g)
    ※蒸ししょうがパウダー専用ボトル使用の場合、6ふり程度
    椎茸の戻し汁 大さじ1・1/2
    醤油 小さじ1
    鶏がらスープの素 小さじ1
    胡椒 少々
    溶き卵 大さじ1・1/2(約1/2個分)
    片栗粉 大さじ1/2
    胡麻油 小さじ1/2
    添え物  
    花椒塩 適量
    胡瓜のピクルス(市販) 適量
    • 赤字の食材は薬膳で身体を温めるとされている食材です。
  • パン・ウェイ先生の温活コメント

    くわいは「五味」の中の「甘味」の食材で、昔から春の体に向いていると言われるおすすめの食材です。

作り方

  1. 1干し椎茸とくわいを微塵切りにする。
  2. 2豚ひき肉と5mm角に切った豚バラブロックをボウルに入れ、調味料を記載順に混ぜながら入れる。
    1の椎茸とくわいを加えてよく混ぜる。
  3. 32を10個に分けて団子状にし、中温でしっかり揚げる。
  4. 4お皿に盛り、ピクルスと花椒塩を添える。

ワンポイントアドバイス

  • 豚肉は生だと危険なので、しっかり火を通してください。竹串やつまようじをさして様子を見るとよいでしょう。
  • 調味料は一種類ずつ加えて、その都度よく混ぜて下さい。
  • パン・ウェイ先生プロフィール

    料理研究家。中国・北京生まれ。季節と身体をテーマに四季に沿った食生活を提唱し、現在は東京・代々木スタジオにて料理教室を主宰。「きょうの料理」(NHK)等のテレビ出演や著作活動、講演会の他、企業向けのレシピ開発やコンサルタントでも活躍中。

  • “作ってみました!”〜温活メンバーの試食コメント〜

    ひき肉にバラブロックの微塵切りを加えると、豊かで楽しい食感になりました。時間がある時はひき肉を使わず、すべて微塵切りを使うと更に美味しいそうです。

「蒸ししょうがパウダー」って?

辛み成分たっぷりと話題の蒸ししょうがを、手軽に摂取できるパウダー。原材料は100%国産、徳之島産の黄しょうがを使用。黄しょうがは、よく目にする白しょうがよりも辛み成分が多く含まれ、豊かな香りと味わいが特長です。さらに、しょうがを蒸してから乾燥させることで、温活に適した辛み成分ショウガオールの含有量がアップ!一般的なしょうがパウダーとはひと味違います。

こちらから購入!

SNSで友達に教えちゃおう!